s_スクリーンショット 2016-01-17 0.22.44
梅雨時期から夏にかけては、
四季の中で植物が成長するのに1番最適な時期です。

しかし、植物が育つのに最適な反面、
悩まされる出来事も出てきます。


植物がよく育つという事は雑草なども
どんどん成長していくということです。

経験者の方であればご存知だと思いますが
草取りは、意外にも体力を使う大変な作業ですよね。


そこでこの記事では、
草取りを行うのにおすすめな服装や、
草取りは運動になるのか、カロリーの消費に
どの程度繋がるかなどを解説していきます。

スポンサードリンク

草取りにおすすめな服装って?

まずは草取りにおすすめな服装について。

暖かい時期と寒い時期の2つに分けて
詳しく見ていくとしましょう。



・暖かい時期

雑草も成長しやすい暖かい季節で
草取りを行う際のおすすめの服装としては
長袖、長ズボン
が挙げられます。


理由としては、直射日光による体力低下を防ぐ為と、
虫さされ防止にもなるから
です。

日差しは直接受ける事により
肌へのダメージが直に行き渡り、
体力が落ちる原因へと繋がります。


また、帽子と軍手も必需品です。

帽子は先程説明したように日光から守る役割を担い、
軍手は草取りをする際、手が汚れる事を防ぎます。


草を直接抜く事を考慮すると、
滑り止め付きの軍手の方が
作業をするのに適しているでしょう。


汗をいつでも拭えるようにタオルを
首からかけておくと言ったことも
1つの手法ですね。



・寒い時期

一方の寒い時期ですが、
雑草の成長もあまり著しくなく、
草取りを行う方は少ないかもしれませんが、
この時期も長袖、長ズボンでの作業がオススメです。


また、少し動きにくくはなりますが、
防寒の為に軽いアウターなど
着用しても良いかもしれません。

防寒に加え動きやすさも考慮すれば
寒い時期に行う草取りの服装は完璧です。


そして、軍手は厚手のもので
滑り止めのついた物が適しています。


共通して言える事としては、
長袖、長ズボンは汚れても良い服装で行う事です。


足元は土がかかり汚れる可能性も考え、
夏場でもサンダルなどでは無く
スニーカーで行いましょう。
スポンサードリンク

草取りは運動になるの?消費カロリーは?

また、草取りはしゃがんだり立ち上がったりと
体を動かす場面も多いです。

カマやスコップ、ホーなどの道具を使用して
草を抜く際は握力も使う事から運動にも繋がります。


草取りは意外にも重労働であるため、
普段運動を全くされない方は
翌日筋肉痛に悩まされたりもする
でしょう。

それほど体を動かし、筋肉を使う作業という事です。


気になる消費カロリーですが、
草取りを1時間行うと
平均250kcalも消費されるそうです。

夏場など、汗をたくさんかく時期は
更に消費カロリーも高くなります。


この250kcalと言うのは
実は、ラジオ体操を1時間続けた際の
消費カロリーと同じなのです。


草取りがこれだけカロリーを消費することを考えると、
運動不足を予防することに繋がったり、
あるいはダイエットのために行うのも
1つの方法としてありかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

草取りにおすすめな服装としては
気温の寒暖にかかわらず、
長袖長ズボンが基本となります。

防止と軍手も必需品ですね。


そして、草取りの消費カロリーは
平均250kcalと、ラジオ体操を1時間続けた分の
運動にも相当しているのです。


草取りは、カマやスコップなどで行う事が主流ですが、
それ以外にもたくさん便利な草取り道具等が
様々なお店で売られているので、自分に適した
草取り道具を探してみるのがおすすめです。


大変な草取りも、軽い運動に繋がる!
カロリーも消費できる!などと
前向きな気持ちで気楽に考えれば
苦痛を感じず行えるかもしれません。


刈っても刈ってもすぐ生えてくる雑草に
負けじと私達も粘り強く頑張りましょう!