s_waka

学生の頃、迷ってしまった思い出はありませんか?


和歌と俳句ってどこが違うの?
短歌は?
あと川柳とかいうものもあるよね…
いったい何が違うんだ。

5・7・5とか言うけど、
それってどれなのか。

大人になってからも結局よくわからないままで、
日本人としてちょっと恥ずかしい…


それならここで、
和歌・俳句・短歌・川柳、
これらの違いについて
はっきりさせちゃいましょう!

スポンサードリンク

和歌ってどんなもの?

まず和歌についてです。

5・7・5・7・7の文字数で
構成されるのが和歌の特徴です。


5・7・5を上の句、
7・7を下の句と呼びます。


数えるときは、
一首、二首」と数えます。


テーマは季節や恋愛など、
非常にさまざまです。

華やかで美しい言葉を
いかにうまく使うかがカギとなります。


お正月に決まって登場する、
百人一首」は和歌ですね。


その代表的な和歌を一首ご紹介します。


花の色は移りにけりないたづらに
わが身世にふるながめせしまに



世界三大美女(諸説有り)の一人として
有名な小野小町の歌です。


花の命は短い、と言いますが、
色あせてしまった花と自分の容姿の衰えを重ね合わせて、
切ない心情を表現した歌です。

短歌も和歌も同じ!

短歌は和歌の一種です。

ですが、現代では、
和歌イコール短歌
このように考えても問題ありません。


もともと和歌は、
短歌・長唄・旋頭歌(せどうか)などの
総称という意味があったのです。

しかし、時が経つにつれて
短歌以外がすたれた結果、
和歌と言うともっぱら短歌のことを
指すようになりました。

ですから短歌の文字数も、
和歌と同様5・7・5・7・7です。


また、明治時代になると正岡子規らによって、
新しいタイプの短歌が登場するようになりますが、
こうした近代以降の短歌は「和歌」とは呼ばれません。

スポンサードリンク

それじゃぁ俳句は?


これに対して俳句は、
5・7・5の文字数で構成されます。

そして、季節を表す
「季語」を必ず使わなければいけない
というルールがあります。


数えるときは一句、二句と数えます。


俳句のテーマは
季節や自然を題材にしたものが中心です。

短い句の中で、
いかにわび・さびを表現できるかが
優れた作品を生み出す際のカギとなっています。


わび・さび」とは日本の美意識の一つで、
主に静かで質素な情景を趣き深いとする考え方です。


閑さや岩にしみ入る蝉の声


奥の細道で有名な、
松尾芭蕉の代表的な一句です。

セミでうるさいはずなのに、なんで静かなの?
と思った人も多いかもしれません。


これは、
セミがうるさいからこそ静けさが際立つ
ということを表現しているのです。

短歌は文字数が短いので、
そこに隠された意味を
読み取るのが難しいですね。

※参照:花を読んだ有名な俳句とその意味を5つ解説!

ついでに川柳も解説!

川柳も俳句と同じく、
5・7・5で構成されますが、
季語は使わなくてもOKなのが
俳句との違いとして挙げられます。


川柳は、俳句よりも
通俗的(だれにでもわかりやすい)な
テーマが多いのが特徴
です。


口語(話し言葉)で表現されるので、
俳句をカジュアルダウンした感じ
とでも言いましょうか。

全体的に自由な雰囲気がありますね。


よく「サラリーマン川柳」なるものが
公募されていますが、このように、
川柳は自虐的で笑いを誘うものが
比較的多いのが特徴です。

そして、難しい決まりがないので
初心者でも気軽に作れるのが川柳です。


ちなみに、

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス


織田信長の人柄を表現したといわれるこれ、
とても有名ですが、川柳ですよ。
(作者は不明)


こうみていくと、
和歌・短歌・俳句・川柳のなかで
現代の私たちにいちばん身近なのは、
実は川柳かもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事のまとめ


・和歌:
5・7・5・7・7で表現する。
テーマは季節や恋愛など非常にさまざま。

・短歌:
和歌の一種で5・7・5・7・7で表現。
現代では和歌というとほとんど
この短歌のことを指します。

・俳句
5・7・5で表現。
季語を必ず入れるという決まりがあり、
季節や自然をテーマにしたものが一般的。

・川柳:
文字数は俳句と同じく5・7・5ですが、
季語を入れる必要はありません。
テーマは自由で、サラリーマン川柳など
誰にでもわかり易いものが多いです。



以上で、
和歌、短歌、俳句、川柳の違いについて
出来るだけわかりやすく解説してきました。

もうこれで、
和歌、短歌、俳句、川柳の違いに
迷うことはありませんね!



なお、以下の記事では、
夏をテーマにした有名な和歌
についてご紹介しているので、
興味があれば一度ご覧になってみて下さいね。

※参照:夏をテーマにした有名な和歌を5つ紹介!