s_zu3

宴会やお祝いの席では、お開きの前に
「それでは皆さん、お手を拝借」と
手拍子をする「手締め」を
行うことが多いと思います。


この手締めですが、
「大阪正調手打ち」や「博多手一本」など
地域によって色々な種類がありますが、


一般的に有名なのは
「一本締め」「一丁締め」「三本締め」
この3つではないでしょうか。


今回はこの3つの手締めの
意味や違い、使い分けについて
まとめてみました。
スポンサードリンク

「一本締め」の意味について解説!


一本締めは、忘年会や同窓会など、
催事の際に行うのが一般的とされています。


一本締めのやり方としては、
「お手を拝借」と声かけをした後、

よーお、パパパン、パパパン、パパパンパン

という風に手をたたき、
手締めが終わったら

ありがとうございました

と唱和して拍手で終了となるのが
一般的な方法となります。



実は、この手拍子には意味があり、
三拍を三回重ねると
九=苦」になるのです。


ただ、この「九」という文字に
もう一つ点を加えると「」になります。


これには、苦労して頑張った結果、
すべてが丸く収まるということに
繋がるという意味がある
ようです。


なんとなくやっている人も多いと思いますが、
こんな深い意味があったのですね。


しかし!


ここで混乱している人もいるでしょう。


なぜなら、
「一本締めを行います」と言われたのに、
手拍子をするのではなく、

よーおっ、ポン」と、
一発で終わってしまうやり方を
体験している人もいるからです。



これは時間がない場合など、
略式に終わらせる場合に
行われることが多いようですが、
正しくは一本締めではありません。

スポンサードリンク


「一丁締め」の意味と、一本締めとの使い分けについて


実はこの「よーおっ、ポン」と
一発で終わってしまうやり方は、
一丁締め」と呼ばれるものなのです。


しかし、関東地方など一部の地域では、
この一丁締めを一本締めと呼ぶ所もあるため、
関東一本締め」と呼ばれることもあります。


ですから、音頭を取る人は
「よーおっ、ポンの一丁締めでお願いします」
などと述べると、周りの人も混同せずに
手締めが出来ると思います。



この手締めは、
居酒屋やパーティーなどの
こじんまりとした会場や、
何回も手締めすると部外者に
迷惑をかけるような場所に向いています。


また、
大きな声や音が出せないような場所では、
指だけで一丁締めを打つ場合もあります。


※参照:手締めの由来やその種類について。海外にも存在する?

「三本締め」の意味は?


一本締めや一丁締めと似た言葉として、
三本締め」というものがあります。


一体どういった意味なのでしょうか。



この三本締めは、お祝いや
おめでたい席の時に行われるのが一般的
で、
結婚式や新年会、還暦のお祝いなどの
盛大な宴会に向いています。


一本締めの時にも述べましたが、
三拍を三回繰り返してもう一拍つけると
苦労して頑張った結果、これまでの全てが
丸く収まるという意味があるのです。


これを三回繰り返すことで
ありがたみが増すためです。



なお、三本締めのやり方は
一本締めと同じ要領です。


一本締めたところで、
よっ」と大きな声で合いの手を入れて
もう1本、2本目が終わったら
もう一本」や「もう一丁」という風に
合いの手を入れて三本目を締めます。



・一本締める
・大きな声で合いの手を入れる
・もう一本締める
・「もう一本」とサイド合いの手を入れる
・三本目を締める



こんか感じで、
上の一本締めや一丁締めよりも
少し長くなる感じです。


スポンサードリンク


まとめ:一本締め、一丁締め、三本締めの意味


この記事では、一本締めと一丁締め、
三本締めの意味や違い、使い分けについて
あれこれ解説してきました。


もう一度、それぞれの意味を振り返ると…


一本締め:
「よーお、パパパン、パパパン、パパパンパン」


一丁締め:
「よーおっ、ポン」


三本締め:
「よーお、パパパン、パパパン、パパパンパン」
「よっ」
「よーお、パパパン、パパパン、パパパンパン」
「もう一本」
「よーお、パパパン、パパパン、パパパンパン」
「ありがとうございました」


こんな感じになるわけです。



そもそも手締めを行う意図は、
行事を仕切った人が、
行事が無事に終了したことを
協力者に感謝することです。


「よーおっ」という最初の掛け声も、
「祝おう」から転じた掛け声なのです。



ただ単に、
宴会の最後だからと手締めを行っていた方は、
これからは、一本締めにはこんな意味があったなと
頭の片隅にでも思い出して頂ければ、
また違った気持で、宴会などへ
参加できるのではないでしょうか。

※参照:手締めの由来やその種類について。海外にも存在する?